2013年03月13日

ナイキー「オレより若いキャッチャーを」阿部 心に決めていた“代表引退”




3連覇を狙う侍ジャパンは2回、主将阿部の1イニング2本塁打などで一挙8得点を挙げ、10日のオランダ戦に続き猛打で勝負を決めたnike


 1試合2本塁打はWBC日本代表初ナイキ。大会通算では09年1次ラウンドでガルシア(メキシコ)が放って以来11度目で、1イニング2本塁打は阿 部が初めてになる nike air。プロ野球公式戦でも過去わずか20度(18人)しか達成されていない快挙だ。


 09年の前回大会は右肩の故障明けで、控え捕手としてのメンバー入りだったナイキシューズ 。中大時代から日の丸を背負ってきただけに、WBC連覇を経験した後は「もう、代表はしんどいね シューズナイキ 。国際大会は経験しないと分からないことだらけだから、オレよりも若いキャッチャーをどんどん選んだ方がいいと思う」と言った。日本球界のための「代表引退」も心に決めていた。そんな中、山本監督からは4番、主将の大役に指名された。メジャーリーガーも全員が不参加となった。もう一度、気持ちを奮い立たせてチームを引っ張った。


 「1イニング2本塁打は人生初。最高です。徐々に自分のバッティングになってきた」。33歳の主将はと納得の表情で振り返った。


3連覇を狙う侍ジャパンは2回、主将阿部の1イニング2本塁打などで一挙8得点を挙げ、10日のオランダ戦に続き猛打で勝負を決めた。


 





posted by ん at 11:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。